セラピスト紹介

吉田さん 新宿南口の歩道橋で
「東京は全然怖いところじゃなかったです。」

感謝している人 福岡の先生
おちこぼれの私に根気よく補講してくれて、東京で働くことを後押ししてくれたクラス担任の日高佳予子先生
吉田 のぞみさん(福岡校卒業)

 吉田さんが生まれ育ったのは、おじいちゃんやおばあちゃんがたくさんいる町。親戚でもないのに家の周りの人達と知り合いで子供の頃から人の家で肩もみをしているうちに一度本格的に習ってみようかなと思い始めたのだそう。そのままラフな気持ちでスクールに入校。ところが、就職や独立を目指すクラスメートの熱心さとはモチベーションが少し違い、夜の飲食店でのバイトをメインにスクールに通っていた吉田さんは超おちこぼれに(本人曰く)。なんとクラスメートが1回または2回で合格するテストに4回も落ちる。その時に嫌な顔ひとつせず、試験からプライベートの悩みまで親身になって相談にのってくれたのが、日高先生。
 「練習にも付き合うし、合格するまで必ず一緒にいるから」と励ましてくれた言葉でお互いに時間をつくりながらの補講をかさね、ついに卒業式の前日に合格。卒業式は2人で泣いてしまい、クラスメートのみんなまでが号泣。
 卒業後には福岡から出てみたいと思っていた吉田さんに、東京の直営サロンでの社員募集のはなしを持ってきてくれたのも日高先生。まわりのみんなは「東京は怖いところ、あなたが行ったら危ない」と散々に言われるなか、日高先生だけは「大丈夫、吉田さんのやる気だけだよ」と背中を押してくれた。
 今は東京でも友達ができて、すごく視野が広がったとのこと。「日高先生、人生の先生として尊敬しています、本当に感謝の人です。」

日高先生 大阪・梅田の歩道橋で
「日高先生は今、大阪校の先生として関西に在住。」

pagetop


ページトップ