創立は想いから

私が直営サロン「フット・セラピー」第1号店を開いたのは、1997年の春でした。アジア各国を遊学して体験したり勉強した伝統療法や、1年間の中国留学で学んだ技術を実践しようと意気込んで店をオープンさせました。しかし、当時はまだリフレクソロジーやアーユルヴェーダと言っても知る人も少なく、健康=あんまさん、または美容=エステというイメージが定着していました(そして中国療法やインド医学はとても怪しまれていました(笑))。

台湾式リフレの良さ、東洋医学の効果を知っていただこうと、ご来店いただいたお客様ひとりひとりに足と身体の関係を詳しくご説明させていただいた記憶があります。そして絶対にこの伝統療法の数々が多くの人の健康に役に立つと信じていました。

オープンから2年ほどは毎日開店から閉店まで、私はお店でリフレクソロジーを施術し続けました(その数およそ数千人になります)。そして留学して学んだだけでは決して分からなかったことを、多くのお客様に接してはじめて私自身の心と身体で学ぶことができました。

現在はより多くの方に実践で培った技術を学んでいただけるよう、社団法人日本セラピスト協会を設立させ、若く将来の可能性のあるスタッフの育成に全力を注いでおります。真のプロフェッショナルになるのは困難で非常に高い目標が必要ですが、その実現のためにチャレンジする人を全力でサポートしています。
またオステオパシーを使った美容法や漢方生薬の活用、ヨガや太極拳などのセルフコンディションなどの組み合わせによって、さらに高い効果を出す可能性を見出そうと、私自身も日々勉強の毎日です。
私は、フットセラピーという会社で優秀な人材をつくり、より良い技術を開発することで日本のソーシャルメディカルケアにほんとうに貢献したいと強く考えています。
そして、働くことや人のために何かすることは辛くストレスの溜まることではなく、本当に楽しいことなんだと身をもって証明してゆく所存です。

チームフットセラピーの価値観を大切にし、多くの方々から必要とされる会社=チームを目指して。

Enjoy work is Enjoy life! フットセラピー株式会社 代表取締役 社団法人日本セラピスト協会 理事長 猪原 敦

  • 1990年 中国留学時代
  • 1993年 インド修行で先生と
  • 1997年 サロン第1号店
  • 2006年 師匠の黄先生と再会

ページトップへ